2006年05月28日

コージーコーナー眠い(睡眠)

ママちゃんの後ろにあるクレートには…

カレン&エミリー
nesugata1.jpg

エミリー&僕にゃん
nesugata2.jpg

その時の気分でお隣さんの組合せいろいろ…
みんな安心して休んでちょ
コージーコーナーだもんね〜るんるん

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先日、ピカとヒューを連れて公園でお散歩していたら
ノーリードのダックス君がやってきて
ピカを追いまくりお尻の匂いを嗅ぎまくっていました。
怖がりなピカはその場に伏せたまま固まってしまい、
ヒューは「てやんでぃ、ピカに何するんでぃ」と怒っている。

飼い主の女の子に
「あのね、この子とっても怖がりさんだから、ワンちゃんつないでくれる? こんなに固まっちゃって可哀想だと思うのよ」とお願いした。
ピカはもう石になっている顔(汗)

ふっと振り返ると…
もう一人の女の子がヒューにオヤツホネをあげようとしている!
「ごめんね。この子アレルギーがあるから食べられないの。具合が悪くなっちゃっうからオヤツあげないでね」と説明…がく〜(落胆した顔)

演劇おーい、親御さんはどこにいらっしゃいますかぁ〜」(…とは言わなかった)

折角のみんなの公園四葉だから、快適に利用できるように、お子様にもひとつひとつ教えていってほしいなと思った午後でした〜。あ〜びっくらこいだぁ。

ニックネーム うーちゃんママ at 12:02| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ノーリード、その子本人は大丈夫でも、相手の子が恐がりの場合もあるということを考えてほしいですね。
私もドナがパニックになって、大変な思いをしたことがあります。
それに、大丈夫なはずの子がノーリードだったがために、事故に遭ってしまったお友達もいますし・・。
おやつをあげる行為も、可愛がっているつもりでも困った行為のひとつですよね。
せっかくのお散歩、みんなが気持ちよくお外の空気を吸って、お友達に会って、楽しく歩けるために、飼い主さんのマナーは大切ですね。
せっかく小さい頃からワンちゃんと暮らしているのだから、親御さんもしっかり説明してほしいですね。
Posted by ラビペン at 2006年05月29日 01:37
ノーリード怖いですよね。
知り合いのワンちゃん(ポメ)が公園を散歩中突然やってきたノーリードのボーダーコリーに首を咬まれたと言う話を聞きました。幸い外傷はそれほど酷く無いようでしたが心を閉ざしてしまったとの事でした。
自分の家の犬が同じような災難に巻き込まれないとも限らないですよね。
親御さんは面倒だと良く子供に散歩をさせますが基本的なことはキチンと教えて欲しいですね。
でも、もしかするとこの子たちの親は何も考えていない人かも。
Posted by いちごまま at 2006年05月29日 14:20
しふぉん君へのおめでとうメッセージ&お勉強会の計画、ありがとうございますです。
ワンちゃんも来れるようにお天気良くなると良いですね。

クレートでくつろいでいるワンニャン可愛い〜
微笑ましいわぁ。。

ピカちゃん、怖かったね、可哀想・・
せっかくの楽しいはずのお散歩が・・
Posted by ちまママ at 2006年05月29日 18:26
ノーリード、本当に怖いです。
アウラの西田さんもおっしゃっていますが「過信は禁物」。どんなに訓練された犬でさえ、相手の出方によっては何をするかは絶対ではないのですよね。
でもうーちゃんママさんのなんてすばらしい声のかけ方なのでしょう・・。
私だったら、こぉいった言葉はうまく出てこないと思います(頭、沸騰していそうですし・・)
勉強になります〜
Posted by まりにゃん at 2006年05月29日 20:43
ラビペン様、
ラビペンさんのおっしゃるとおり、大丈夫なはずの子がノーリードだったがために事故にあうことがあるので、リードはこの子たちの命綱ですよね。
線路に入ってしまって亡くなった子のことも最近聞きました。飼い主さんは悔やんでも悔やみきれないことと思います。
どうか大切な命をしっかり守ってあげてほしいと切に願います…。
「〜リードは命綱〜」の合言葉を作ろうかしら。
Posted by うーちゃんママ at 2006年05月30日 13:25
いちごまま様、こんにちは。
噛まれたことから心を閉ざしてしまったポメちゃん、可哀想ですね…。
「ノーリード禁止」っていう公園の看板の真横で、「これは夢かまぼろしか?"ドッグランでのオフ会"だっけ?」と勘違いするほどノーリード族が集まっている様子を見ると、あー、またここでも飼い主さんが犬の社会的ステータスを下げている…と悲しく思います。なんだかなぁ…。
Posted by うーちゃんママ at 2006年05月30日 13:32
ちまママ様、こんにちは。

お勉強会、どうぞよろしくお願いいたします。美味ぃ〜〜〜なケーキを今からとっても楽しみにしています!

ピカちゃん、可哀想でした。昨日行ったら、今度は別のダックスちゃんがピカを追っかけまわしにきました。飼い主さんは、は〜るか彼方で他の飼い主さんたちとお話中。可哀想なダックスちゃん。
嵐が過ぎ去った後、ピカは、とぼとぼ引き返してしまいました。とっても素晴らしい公園なのに残念…。
Posted by うーちゃんママ at 2006年05月30日 13:39
まりにゃんさん、
やっぱりアウラの先生もそうおっしゃてますでしょう。
被害者になっても加害者になっても犬が可哀想なので、どうか飼い主さんの意識が向上しますように…と思います。
子供は教え方次第で素直に変ってくれるので大人よりも啓蒙しやすいですよね〜。
たっくんは良い先生ですから、キッズ先生になってもらいたいです〜。(^▽^)
Posted by うーちゃんママ at 2006年05月30日 13:44
うーちゃんママさん、こんにちは♪
ニコラ君のトライアル以来のご無沙汰ですm(_ _)m
いつも、読み逃げしつつ、うーちゃんママさんの日記から、お勉強させていただく日々です。
「ノーリード」「子供のみのお散歩」何か起こってからじゃ遅いんですけどね〜(万一ガブしちゃったり、ワンがどこかへ行っちゃったりとか・・・)
我が家のワンも公園で「子供のみのノーリード暴走ワン」(ワン仲間では有名だったらしい)にいきなり襲撃されて以来「ワンコ恐怖症」になりワン見るとフリーズしてヨダレダラダラになります(TへT)いつも公園に着くなりワンを放し、自分は、遊びに夢中。ワンの方は一度も見ません。いつもお子さんだけ。親御さんは見当たりません(−−+)
飼い主さんの責任や最低のマナーってありますよね。(センターに持ち込む無責任な飼い主もそうなんですが・・・)
ヒューちゃんも間一髪でしたね〜
「ルールを守りつつ楽しくワンを遊ばせたい」ですね。

Posted by シーズーママ at 2006年05月30日 21:01
シーズーママ様、こんばんは〜(^▽^)。
ヨダレだらだら出ちゃうほど緊張しているの可哀想です…。早く心の傷が癒えるように祈っています。
うちも馬乗りになってきたノーリードのワンちゃんの飼い主さんから「怪我なかったですか? よかった。バイバイ!」って言われたことがあります。見かけの怪我も勿論大変なことですが、心の傷のこともあるのになぁって。(TーT)
リハビリでお散歩している方、ワンちゃんが苦手な方、幼児とお散歩している方…といろいろなので、ちょっと思いやりをもって見回してくださるだけでなんとかなりそうなことだなぁって思います。それが中々大変なことなのかもですけどね。(^^;)
勿論、ワンちゃんの安全を守ってあげるためにも〜(^▽^)
Posted by うーちゃんママ at 2006年05月31日 22:05