2006年05月22日

タミー君のこと…

いちごちゃんの日記にUpされていたタミー君のこと…。
(詳細はポチたま会のHPにあります)

レントゲンの結果、100発を越える散弾が写っていたそうです。
タミー君に打ち込まれた散弾は鉛中毒が心配される鉛弾…。
今後、タミー君は数回に分けて摘出手術を受ける予定だそうです。
たいへんだけどがんばって…タミー君。

タミー君に散弾銃の引き金をひいた人を主人と信じて一緒に山に入ったタミー君のことを思うとたまらない気持ちになります…。
怖かったでしょう。痛かったでしょう。ひもじかったでしょう。寒かったでしょう。心細かったでしょう…。

ビル 何か力になれることはないか…と思い、まずは自分の地域ではどうなっているのか、市役所に出向きました。

右「銃器使用」が許可されている地区がどこなのか分かりました。恐ろしい…。法の遵守を促すため、銃を持って入山する人の名前を公開してほしいと思います。

右鉛中毒を引起す鉛弾。鉛散弾規制区域というものが一部にありますが、全面禁止には至っていません。タミー君が撃たれたと推測される地区は鉛散弾規制地区ではなかったということなのでしょうか? 一日も早く鉛弾全面禁止となるよう環境省に要望しようと思います。 

右鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」の第40条において、狩猟免許を与えない者を規定していますが、第4項に「自己の行為の是非を判別し、又はその判断に従って行動する能力がなく、又は著しく低い者」とあります。
猟犬に散弾を打ち込み置き去りにする(動物虐待と遺棄)のは「違法行為」(動物の愛護及び管理に関する法律)ですから、この第4項に当てはまるべきで、狩猟許可を剥奪してもらわなければ困ります。

右更に、6月1日の改正法施行(動物の愛護及び管理に関する法律)以降は、動物虐待には1年以下の懲役又は100万円以下の罰金。遺棄には50万円以下の罰金。

環境省と知事に声を届けようと思います。次のシーズンに同じ悲劇を起こさせないために…。


-----------------------------------------------------------------
Pretty girlsハートたち(複数ハート)
okaimonochu.jpg

この後、歴史本を枕にしてクークー寝ていたお嬢ちゃんです眠い(睡眠) いっぱい歴史をお勉強したかな? お勉強が必要なのは人間だよね…。ほんとにごめんね…。
〜昨日に学び、今日に生き、明日に希望を〜


毛づくろい中の僕にゃん
kezukuroi.jpg

完了〜るんるん  に〜ヤギ
kanryou.jpg

ニックネーム うーちゃんママ at 18:36| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も読んできました。レントゲン写真にショックを受けました。
タミー君の気持ちを思うと、辛くて・・。
人間て愚かだなぁといつもながらに思います。
「追って来ないように」ってことは、それだけ自分のことを信頼していること。それを平気で裏切る人間に、銃を持たせることが間違っています。

ぼくニャン、頭の後ろ姿もかわいいね。ポチ点がついてるんだね。
Posted by ラビペン at 2006年05月22日 19:40
先日も彷徨っていた猟犬を保護した話に触れ、記事にしようと思っていました。
毎年シーズンが終わると、悲惨な運命を辿る猟犬達がいますね。
以前、セッターで足裏の怪我治療に来ていた、飼い主。レジャーハンターです。
治療に通っている時「こんな風に治療してもらって有り難いと思えよ、仲間は足の怪我は見捨てられるんだから」と平気(得意げ?)で声にしていました。
『それ、酷いです』とその方に言うと「そうだろ酷いんだ、お前はうちの子でラッキーだぞ」と。
自分の趣味で怪我をさせ、治療を受けるのがラッキーな世界って、何?
感情を持って、信頼しきって人に寄り添う犬に対して・・「道具」としか思って無い。
ほんとにそうなんだなあって思いました。
悲しい運命を辿る猟犬達を何とかしたい。と思いました。
6/4、愛護法勉強会に参加しようと思います。
Posted by 西園寺ミドリ at 2006年05月22日 20:36
ラビペン様、
ほんとうにおっしゃるとおりです。追ってくるということはそれだけ慕っているということなのに、平気でそういうことをするなんて…。
少なくとも、法を犯した行為ですから、きっちりと裁いてもらわなければ困りますよね。勿論、免許没収は当然だと思います。

僕ニャンのチャームポイント、気付いて下さって、ありがとうございます!(=^^=)「はちわれの猫はダメ」と言われたことがありますが、「なぬ〜、この紋所が目に入らぬかぁ〜」と後頭のポチ点を見せてあげればよかったですね(笑)可愛いんだじょ〜って。
Posted by うーちゃんママ at 2006年05月23日 17:41
西園寺様、
ひどい飼い主に遭遇されたのですね。目の前でそういう飼い主に遭遇したら、どんな気持ちになるだろう…って思います。
動物虐待も遺棄も法律違反。懲役刑や100万円の罰金のことをもっと世間に知っていただかないといけませんよね。
情も責任感もない人間でも、わが身だけは可愛いから、懲役刑も嫌でしょうし、100万円払いたくない人もいるでしょうから…。
Posted by うーちゃんママ at 2006年05月23日 17:51
こんばんわ。
今日サンデー毎日を買って来ました。
今のタミー君の穏やかな顔が救いでもでも、今後の事を考えるとあり申し訳なく思い複雑です。
うーちゃんママさんの行動力にはいつも頭が下がります。
行政はこの事実を知っているのでしょうか?こんな事をする人達が凶器を所有しているなんてとても恐ろしい事だと思います。「猟が出来る人は信用できますよ」とは次女の学校の先生の言葉だそうです。
ホントかよ!?と思うのは私だけ?
Posted by いちごまま at 2006年05月24日 00:12
いちごまま様、こんばんは。
私もその先生のお言葉には、ちょっと…。「信用できます」って言い切ってしまわれるのは如何なものかと…。あちらでもこちらでも悲惨な運命を辿っている猟犬がいることを考えると、全体の意識レベルの低さがうかがわれます。「そうでない、一部のハンターだけです」と言い張るのであれば、仲間内から「それはイケナイ」と奮起して啓蒙の声が響き渡るはずですもの。そういう自主活動がないところからしても、全体の意識レベルというものが見えてくるような気が私はしています。なんとかしてあげなくては…と思いました。
Posted by うーちゃんママ at 2006年05月24日 20:46
愛犬チャンプ拝見しましたっ!
昨日PCの調子が悪く、来れなかった・・
皆、可愛くって良く撮れてましたね。○で並んだ写真は名刺のお写真ですね。
うーちゃんママさん宅の日常を垣間見させて頂いちゃいました。
パパさん、はにかんでらっしゃるのが、カ・ワ・イ・イぃ〜
ちーぼう、ちゃんとお顔写ってました。しゃべってたし。シャッター音に全身で反応しちゃって、正面は無理だったのです。
さて、これを持ってお話して回ろう〜
取材協力、ご苦労様でした!!
Posted by 西園寺ミドリ at 2006年05月25日 18:06
西園寺様、
愛犬チャンプ、我が家も昨日到着しました。親ばかどっしゃろ?5冊も注文しましてん。一冊は、ヒューストンのダルースのお母さん(諦められていたヒューストンを救い出して下さったメアリーさん)に送ります。ヒューストンの活躍?に、きっと目を細めて喜んでくださると思います。
パパちゃんママちゃんははにかむどころではありまっしぇん〜〜。「お近くに公園ありますか?」とおっしゃていたので、公園でチビラが遊んでいる様子を撮影すると思っていたので、ふたりとも髪もバサバサ〜(^^;)でも、気ぃ〜にし〜ない〜。チビラの○写真、名刺のと同じようなお顔してますけど、実は違うんですよ〜。当日、撮っていただいたものです。この特集からまた力強い動物たちのためのパワーが増していくことを祈っています!!!
Posted by うーちゃんママ at 2006年05月25日 18:56