2006年03月17日

北九州市にお声を届けてください

北九州市が「モラル条例」の案として「野良ちゃんへの餌やり」をモラル条例」で禁止するという項目を挙げています。

http://www.city.kitakyushu.jp/~k1411010/moral/pdf/vol2/3bassoku_ichiran.pdf
16番をご覧ください(100%くらいに拡大されると読みやすいです)。

餌やりが「条例で禁止」されると、「地域猫活動」はしにくくなると思われます。餌も使わずにどのようにして野良ちゃんをつかまえて不妊去勢手術をしてあげられるのでしょう…。
そして、このような条例ができると、結果として、野良ちゃんに「悪者」のレッテルを貼ってしまうことになると思われます。

本来ならば、「動物の遺棄の取り締り」、「繁殖制限手術の促進(助成金制度など)」、「室内飼いの薦め」、「地域猫プロジェクトによる過剰繁殖防止活動」等に努めて頂きたいと思います。

担当課によると、列挙している内容を盛り込むこと、条例にすること自体、まだ検討委員会での検討段階とのこと。

ですので、決定となって委員から市長に上げられる前に、是非とも、この項目を外していただけるよう、皆様からも是非、お声を届けていただけると大変心強く思います。

お声の届け先は…
北九州市 総務市民局 安全・安心課
Eメール:sou-anshin@mail2.city.kitakyushu.jp
〒803−8501 北九州市小倉北区城内1番1号
TEL:093−582−2911 
FAX:093−582−3889

写真は、主に野良ちゃん対象とした「不妊去勢手術」巡回車
(アメリカ・ミネソタ州)
neuter.jpg

ニックネーム うーちゃんママ at 21:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地域猫との共存、本当に難しいです。前は当たり前のことだったのが、今はどんどん厳しい目が向けられていて、猫の住む優しい町でなくなって来ています。
野生動物と違うのですから、大元が何だったのかを考えてほしいですよね。

私も声とどけて来ます。
Posted by ラビペン at 2006年03月20日 19:01
ラビペン様、
ほんとうに、元凶を無視したまま本末転倒にならないように、しっかり見守っていなければ…と思います。
いつも本当にありがとうございますm(_ _)m
あまりにも声を届けるべきところが多すぎて、あんぐりしてしまうと思いますが、諦めず、焦らず、声を届けようと思います。
ほんとうにありがとうございます。(^^)v
Posted by うーちゃんママ at 2006年03月21日 15:49