2006年03月03日

クリンちゃん日記お引越し〜我が家のお雛様〜お薬

おなじみ「クリンちゃん日記」がお引越しされました〜! 可愛いクリンたんのすてきな毎日が伝わってくる素敵なブログですね〜!
060221_Clinchan1.jpg

http://blog.livedoor.jp/kurin82/?blog_id=1584408

-----------------------------------------------------------------
ちょっと追加です♪
お雛祭りだから女の子たちのお写真を...
「はい、さっちゃん。お写真撮るよ〜」カシャっ
SACCHAN.jpg

「はい、カレちゃん。お写真とるよ」って言ったら、さっちゃんがカレちゃんのおリボン引っ張り始めた。「はい、もうお仕舞い〜」さっちゃん、お雛様もびっくりだよ〜ん。
KARECHANSACCHAN.jpg

どたばたやってたら、ピカちゃん和室に逃げてったよー。
PIKACHAN.jpg
-----------------------------------------------------------------

さて、これはアメリカのミネソタ州でかかっていた動物病院のレシートです。vet.jpg

写真では見えにくいですが、「○○獣医師は、体重5.1Lbの4歳の♂去勢済みのチワワ・ヒューストンに、○○錠剤○mgを3回分処方した」と記載されています。

残念ながら、日本の獣医さんではこのようにレシート上に情報が示されることは少ないと思います。
でも、これって、とても大切な情報だと私は思っています。
これから自分が何を飲むのか、自分で質問できない子供顔(チラッ)やわんにゃんヤギに何を飲ませるかを知っておきたいと思います。

だから私は獣医さんで聞くようにしています。
「薬の名前は何ですか? 起こりうる副作用は? 他の選択肢にはどんなものがありますか?」など。薬品名が分かれば、あとはガイドブックでも詳しく知ることができますし〜。

万一、夜間救急病院にかかるような事態になった時に、
「何を飲んでいますか?」と聞かれた時にも正確に伝えることができます。それは医療措置には重要な情報exclamation×2

他の病院でセカンドオピニオンを得るときにも、
「3ヶ月前から○○という薬を朝晩○○mg飲ませていますが、このところ症状が○○で...」という具合に伝えることができます。

レシートと共に情報提供してくれるシステムはいいな顔(笑)と思うので皆様にご紹介いたしました〜るんるん

こういう情報を求める飼主さんが増えれば、きっとシステムも変わっていくことでしょうね〜顔(笑)

ニックネーム うーちゃんママ at 10:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに・・・。同じお医者さまにかかる時はともかくも、別の病院に行ったら説明できないですよね。

信用ある病院であれば、こういった情報は出しても全く問題ないと思いますし、私たちも安心できますよね。
いいですね、このシステム。
Posted by ラビペン at 2006年03月03日 12:56
ラビペン様、
今日はほんとうにいいお天気ですね〜。心の中も体の中もずうぅっといつもこんな春色で病気知らずだと言うことなしですね〜。でもたとえ病気になった時も心の中を春色にしておくことが手当てのひとつだなぁって思うこのごろです(*^-^)
明日、お目にかかれるのを楽しみにしています!
Posted by うーちゃんママ at 2006年03月04日 15:22