2007年01月05日

りんごが好き!byカレン

珍しくとっても積極的なカレンダッシュ(走り出すさま)

my apple.jpg




…それは、カレンの大〜〜〜〜好きなりんごがあるから〜〜〜!
あんまりにも嬉しそ〜うに食べるのでムービーに収録しました〜。

題名「うふっ。りんごョ!」




我が家は宅配で火曜日に果物が届くので、カレちゃんも火曜日はりんごを食べます。シャリシャリシャリ。とても誇らしげに食べるカレンですハートたち(複数ハート) キッチンのドアを閉めていても、りんごを切っているとすぐに気付いて瞳を輝かせて座っていますぴかぴか(新しい)

私が自分用に胡麻を擂っていても素早く察知してテケテケやってくるカレちゃんです。どうやら胡麻も好きみたいです。

カレンが我が家の一員となって1年と5ヶ月になります。
家族の誰にもとっても優しいお姉さんハートたち(複数ハート)
一度も喧嘩をしたことがないです。さっちゃんやヒューちゃんと団子のようになって寝ています。

hyouandkarenjan07.jpg

couple.jpg


来客のワンちゃんにも優しくハートたち(複数ハート)
一緒にお出掛けするお他所のワンちゃんにも優しいですハートたち(複数ハート)

あまり知られていませんが、カレンには勇敢な面もあります(笑)。

玄関の前で抱っこしている時に知らないワンちゃんが寄ってくるとヤンヤンヤンと吠えて果敢に追い払おうとします。
まるで「ママちゃんが入っていいって言ってないのに勝手に入って来ないでよ」と言うかのように。
見ていると、私が招き入れたかどうかがカレンの判断のポイントになっているようです。
声は小さいのですが、まさに「普段大人しいひとがたまに怒るパンチと怖い」といった迫力があります。

家の外で「ガタ」と物音がした時も、ヒューストンは後退しながら「ガウガウ!」 さっちゃんは「なるぅ〜〜!」とクルクル回り、ぴかとぼくニャンはサーーっと隠れます。
そんな時、カレちゃんはひとり黙って「あたくしが見てくるワ!」とささっと足が前に出るのです。そんなカレンを見て、同じ女として、格好いいなっと思うママちゃんです。


ちょっといっぷく…
(今日は「なんちゃってチャイ」 カルダモンやシナモンなど適当にあるものを入れて作ってます。  懐かしの味、サンリツ源氏パイと) 
chai.jpg

…とお茶した後でお知らせです〜〜


東京都における今後の動物愛護管理行政のあり方についてのパブコメの結果がこちらにUpされています。

趣旨を盛り込んだもの
・飼い猫の不妊・去勢手術の周知・助言の徹底をしていくことが必要
・「動物取扱業及び大学研究機関等の犬の登録の徹底」を追加すべき
・動物虐待・遺棄防止の周知徹底を図るため、警察等との連携が必要
・動物取扱業の監視指導強化のため担当職員の専門的知識を高めるべき
・災害時に備えて、実験動物を扱う施設の場所や、動物種、頭数把握が必要
・「実験動物の福祉の為、3Rの普及啓発」を追加すべき

すでに本文に趣旨が含まれているもの
・子猫を飼養可能なボランティア団体との協力によって譲渡拡大を図っていくこと
・首輪、鑑札、迷子札、マイクロチップなどの個体識別ができるような対策を施すこと

趣旨を取り入れられないもの
・マイクロチップ挿入の義務化を追加すべき
・動物の致死処分数の減少ではなく「殺処分ゼロ」を目標とすべき
・猫の登録義務化


東京都は中々頑張ってくれていますね。


それでは、よい週末をお過ごしくださいませ。

ニックネーム うーちゃんママ at 15:34| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

今年もよろしくお願いいたします

2007年、おいらも伸び伸びと〜
houstonjan01072.jpg

気持ちを丸く〜
houstonjan01073.jpg

生きて行こうと思います、ぼくの犬生を。
houstonjan01071.jpg



ぼくは先ほどからここで暖をとっています。 心配させてごめんなさい。
bokunyangantan.jpg
(暖かい場所を見つける天才・ぼくニャン。 「いない、いない」と探していたら、ランプの下で暖をとってました)


閑話休題〜
てんかん治療薬「ゾニサミド」が、運動機能が低下する難病・パーキンソン病にも効果があることが、村田美穂・国立精神・神経センター武蔵病院神経内科長らの研究でわかったらしい。
ニュースソースAsahi.comニュース

ゾニサミドは、ぴかに服用させているお薬なので、このニュースが目に留まりました。
ゾニサミドの服用でパーキンソン病の診断基準で運動機能が30%以上改善した人が3〜4割にも上ったとのこと。

これは、臨床医が患者の状態を注意深く観察されていた結果なのでは?と思います。人間も動物も『臨床』の情報がもっともっと集まって医学・医療の向上に活かされますようにと思います。

「この子の病気を治してあげたい」と臨む実際の治療の中で発見された臨床情報が多くの獣医師の間で共有されたら、どんなによいでしょう。そういう意味でも日本臨床獣医学フォーラムはとても素晴らしいフォーラムだと思うのです。
ニックネーム うーちゃんママ at 20:56| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする