2006年07月27日

IDは命綱

IDつけようね。 あたちもつけてるよ。 byさっちゃん

sacchan.jpg

過日、センターに行った折、どうしても気になる雑種の子がいました。
我が家のピカと雰囲気の似た控えめな子。
どうか飼い主さんが迎えにきてくれますように...。祈るような気持ちでその場を後にしました。

捨てられたのではなくて迷子になったような気がしてなりませんでした。
どうしてもお家に帰してあげたい...。
帰宅して、東京都の収容情報で収容された場所を見たところ、「町田市相原」とあります。

収容期限が近づいてきて、この子の命は風前の灯火...。

「...もしかしたら、飼い主さんは迷子をセンターに確認することもなく、近所の警察に届けただけで待っていうるのかもしれない...」

警察の方にはご迷惑とは思ったのですが、今回はどうしてもじっとしていられなくて、祈るような気持ちで、町田警察の遺失物係に問い合わせました。
警察の方は丁寧に7月あたまから調べてくださったのですが、該当する届出はありませんでした。

相原というと町田市、八王子市、相模原市の3つの市が重なるように近い場所です。ですので、最後の望みをかけて八王子警察と相模原警察、相模原北警察にも問い合わせましたが、届出はありませんでした...。
飼い主でもないのに問い合わせをして警察の方にはお手数をおかけいたしました。ご丁寧に接してくださって感謝しています。

あの子は迷子になったのに探してもらえなかったのでしょうか...。(捨てられたのかもしれませんが...)

中には、「犬は頭がいいから、ほっときゃそのうち帰ってくるよ」という飼い主さんが今でも実際にいらっしゃいます。でも、それは違います。

犬がふらふら歩いているとどうなるでしょうか?

@ 善意の市民が保護して警察に連れていった場合、警察で保護されるのではなく、センターに送られます(改正遺失物法)。センターに収容されたら、収容期限が切れると処分されます。収容期限は自治体によって異なりますが、4日〜7日しかありません。

A 市民が「犬がひとりで歩いている」とセンターに通報した場合、センターが犬を収容し、収容期限が切れると処分されます。

B 交通事故等、事故に遭ってしまった場合、やはり、「負傷動物の収容」ということで、センターに収容され、収容期限が切れると処分されます。

忘れてはならないことは、一旦、収容されたら、IDが装着されていない限り、
その子がどんなに家に帰る能力があろうとも、
どんなに待っていようとも、
飼い主が迎えにきてくれない限り、
自力でお家に帰ることはできないのです

どうか周りの皆さんに伝えてください。

ひらめきIDさえ装着されていれば、お家に帰してあげられる迷子の子がたくさんいるはずです。
鑑札、迷子札を(できればマイクロチップも)装着しましょう。
(センターは収容された動物にマイクロチップのリーダーも当てて下さいます)

万一、迷子になってしまったら、
ひらめき一刻も早く、お住いの地域だけでなく、隣接する地域の警察、センターにも問い合わせてあげてください。

ひらめき電話では動物の特徴のとらえ方にばらつきがありますので、センターに出向いて自分の目で確認してあげてください。

迷子にしないように、
ひらめき屋外ではリードを着けましょう
ひらめき首輪やリードが擦り切れていないか、IDが取れかかっていないか、確認してあげましょう。
ひらめき花火や雷にパニックになり逃走することがないよう気をつけてあげましょう。
ひらめきペットゲートなどで脱走防止をしましょう。
ひらめき外にペットだけを繋がないようにしましょう。

みんなで周りに伝えていけば、立派な啓蒙活動、広報活動になります!
がんばりましょう!猫(足)猫(足)猫(足)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今晩、パパちゃんは外食なので、ママちゃんはカフェで夕食レストラン喫茶店を頂きました〜。一緒に行ったさっちゃんは足元でぺったんこ〜。
sacchanatdogwood.jpg

寝〜てよ〜っと眠い(睡眠) byさっちゃん

sacchanatdogwood2.jpg


楽しくって寝てる場合じゃないわるんるん byカレちゃん

karenatdogwood.jpg

みんなも美味しく元気にご飯を食べて、プッカ〜とお休み中です眠い(睡眠)

さぁて、ママちゃんはご本でも読むとしましょう〜〜。

ニックネーム うーちゃんママ at 21:22| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

ファーミネータ〜

ファーミネーターでアンダーコートを除去した僕にゃんです〜猫(笑)
あ〜すっきりしたね〜。もう蒸れないね〜♪

柴の血も入っていると思われるアンダーコートどっさりのピカもすっきりしました〜。

furminator.jpg


※ファーミネーターはシングルコートの子には使えません。
もつれ毛にもNG
アレルギーや出来物のある場合もNG

我が家では、ピカと僕にゃん専用のファーミネーターです〜 Good

ファーミネーターのデモンストレーションムービーは↓
僕にゃんとピカはこれほどまでには抜けませんでしたけど、
でももっさりと抜けました〜♪
http://www.kps-net.co.jp/product02.shtml


すっきり男前?になった僕にゃん。

present1.jpg


お母さん(マリ)の形見のベッドで寛ぎ中の僕にゃん〜るんるん

mama.jpg


さて〜
環境省では、動物の愛護及び管理に関する法律第5条第1項に基づいて、
中央環境審議会動物愛護部会において「基本指針」の検討を行っています。

6月29日(木)に開催された同部会で「動物愛護管理基本指針(仮称)」の素案が取りまとめられました。

これに関し、広く国民から意見を聴くためのパブリックコメントが実施されています。

この素案をご覧になって、「ここは変えた方が動物達のためになる」という点がありましたら、
ぜひ、動物達のための声をとどけてあげましょう〜
(^-^)(^o^)(^0^)

動物愛護管理基本指針(仮称)(素案)は、わずか12ページです。↓
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=8295&hou_id=7337

意見募集期間:
平成18年7月20日(木)〜平成18年8月21日(月)18:00必着
※郵送の場合は同日必着

意見の提出方法等、詳しくは、環境省HPをご覧下さい。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=7337
ニックネーム うーちゃんママ at 21:42| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

土曜日の午後

土曜日の午後はママちゃんはご用事でお出掛け〜

ちびら〜sは、パパちゃんとパパちゃんの弟と一緒にお家でまったり。
パパちゃんの弟にこんな写真も撮ってもらいました〜。

お兄ちゃんのことが大〜好きなヒューストン。遊びつかれて、この満足げなお顔
modelhou.jpg


ピカもお兄ちゃんが大〜好き
modelpika.jpg


「あたちはね、ちょっと人見知りなの」byさっちゃん
modelsally.jpg



ママちゃんっ子のカレンとトーマス坊やは、パパちゃんとパパちゃんの弟そっちのけで、ずーっとママちゃんを待っていたとか…(^^;)

本犬、呼ばれてもそっちのけで玄関しか頭にないそうで…(^^;)
根負けしたパパちゃん。
ということで、ママちゃんが帰ってきたら、玄関の上がり框におふたりさん用のクッション2個とお水が置いてありました。

さて、この子は誰でしょう?

nyandesu.jpg

ニックネーム うーちゃんママ at 17:57| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

嬉しいニュースたぁ〜くさん♪

あたち、さっちゃん。 エアコン入ってても暑くてへたれちゃうぅ〜。
トーマス坊やの預かり日記もヨロチクネ

ataisacchan.jpg

預かり日記 "トーマス坊やの見る夢は〜♪"


クリンちゃん&美らちゃんママのまりにゃんさんにこんなカードをいただきました! 
とっても素敵なメッセージですね〜♪

ピカちゃんみたいなワンちゃんということで〜
メッセージもピカが言いそうな感じです。
shibakun.jpg

さっちゃんみたい!(たっくん談)
pomechan.jpg

絵も可愛いし、メッセージもステキ♪
まりにゃんさん、ありがとうございました!かわいい


エミリー母さんからもエミたんのお写真が届きました〜♪

このエミたんの満足そうなお顔。丸い感じにトリミングしてもらって益々元気っこのイメージです。
夏色のおリボンもエミリーによく似合っています♪

emitan1.jpg


たくさんのお友達ができたエミたん
胸を張って正しく「ハイ!」という感じで座っている姿が相変わらずのエミリー。可愛い♪

emitan2.jpg

アルバム一冊にまとめてくださったエミリーの写真。
どの写真からもエミリーの笑み顔(笑)笑み顔(笑)笑み顔(笑)が伝わってきます。ほんとうに嬉しいです。

エミリー母さん、ありがとうございました!かわいい


そして…
トリミングと言えば、動物専門学校でお勉強されているFさんが保護ワンちゃんたちのトリミングのボランティアを始めてくださいました。

7月9日、第一号ワンちゃんは、マルチーズの海ちゃん♪
優しいお姉さんと一緒に静かなトリミングのお時間です。

onesan.jpg


次は、シーズーのミルキーちゃん♪ 可愛いお姉さんに抱っこしてもらっています♪ 
シーズーさんたちはトリミングが頻繁に必要な犬種ですので、こうしてサポートしていただけるととっても助かります。ほんとうにありがたいです。

onesannidakkosarete.jpg

お姉さんハンドメイドのおリボンをつけていただきました。

oribons.jpg


ママちゃんは、この日、その足でトーマス坊やをお迎えに行ったので仕上がりの場に居合わせることができませんでしたが、お姉さんに可愛くトリミングしてもらった海ちゃんとミルキーちゃんの姿は海ちゃん預かり日記ミルキーちゃん幸せ探しちゅ〜にUpされています〜。

Fさん、ありがとうございました!!かわいい


今後のトリミングのことを考えて、預かりママのmeguさんもハンドメイドのおリボンをた〜くさん送ってきてくださいました。保護ワンちゃんたちがこのおりボンをつけて綺麗におめかししてもらう姿が目に浮かびます。

megusan.jpg

meguさん、ありがとうございました!!かわいい


海ちゃんの預かりママさん家のパイちゃんです♪
とってもフレンドリーなおっとりさんです。

paichan.jpg


今日の日記の締めくくりは、ヒューストン♪
毎晩、こういう格好で寝ております。
ドライをつけると寒がりヒューちゃんには掛け布団が必要なのであります〜。

netemasu.jpg
ニックネーム うーちゃんママ at 17:18| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

預かりワンちゃん、トーマス坊や

仮の名をトーマス坊や
7月4日にレスキューされたポメラニアンの男の子
とっても可愛いトーマス坊や
Thomasboya0607091.jpg


今日は預かりママちゃんの街まで電車に乗ってやってきました。
お迎えのお供についてきてくれたのはカレン。
(といいますか、トーマス坊やのためにキャリーバッグにタオルを敷いて用意していたら、さっと入っておすまししていたので連れて行くことにしました)
特急電車に乗っていざ預かりママちゃん家へ電車
kaiji.jpg


到着するや、ちゃーんとシーツでチー&ウンP
なんとおりこうさ〜ん!
しきたりの違う新しい場所でちゃんとできるというのはとってもエライと思います。

私が台所に行くとついてこようとするので
「なぁに?」と聞くとペコっとお座りするのでびっくり。
お腹が空いたのかな?と思いドライフード&ウェットフードを混ぜ混ぜして見せたら、またペコっとお座りしてくれました。
〜写真はトーマス坊や夕飯をパクパク食べるの図〜
明日も完食してくれるかな?(笑)
Thomasboya0607092.jpg


キッチンが気になるトーマス坊や
Thomasboya0607093.jpg


「おいで」というとテケテケ来てくれます。
食べたい時にはお座りしてニコニコ。
お腹がいっぱいになるとブランケットにお顔をスリスリして寝ています。
こうして元のお家では普通に暮らしていたんでしょうに。

バルコニーのドアを開けるとテッテケテーと駆け寄ってきて、外の様子を伺っていたり、ドアを「開けてください」とカリカリする様子を見ると、
「お家に帰りたいのかな?」と切なくなります。

幸せになろうね。

トーマス坊やの幸せの赤い糸探しははじまったところです。


近いうちにトーマス坊やの預かり日記を作ります。
今日は取り急ぎ、こちらにてご報告させていただきました。
ニックネーム うーちゃんママ at 20:08| Comment(22) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

今日は七夕

今日は七夕〜〜ぴかぴか(新しい)
だからということはないのでしょうけれど、さっちゃんったら朝4時に起きていました。私まで目が覚めてしまい、「七夕だしぃ〜」と一念発起?して、ピカとさっちゃんをお散歩に連れ出したものの、全員ぼーっフラフラ〜。一周しただけで終わって、コッテんキューでまた寝てしまいました。

お嫁入り前のエミリーの写真(疲れて転がっている私にくっついてお休み中)
neruemichan.jpg

エミリーの近況ムード
お母さんの行くところ行くところ追っかけているそうです。
夜は自分からクレートに入って寝ているそうです。朝、お母さんがお手洗いに起きたら自分も起きておトイレをして、トイレが終わったらお母さんのお布団に行って一緒に寝ているそうです。おトイレが上手にできるようになったのね、エミちゃん。すごいわ。
4日の日にトリミングに行ったそうですが、トリミングが終わってお迎えを待っている間、なんと寝ていた眠い(睡眠)そうです!エミちゃん、大物だぁ!
先日は、お見舞いから戻ってくるお父さんを病院の前でお母さんとエミリーが待っていたところ、他の見舞い客の方々の目に留まって色々犬談義に花が咲き、エミリーはりっぱに親善大使の役を果たしたそうです。可愛い親善大使、エミちゃんです。わーい(嬉しい顔)
こんな可愛いエミリーのことはお母さんのお友達からお友達に伝わっていて、よく電話やメールでエミリーの近況を聞いてこられるそうです。天国のヤヤちゃんの犬仲間だった方々からも暖く見守られているそうです。
エミリーがいることが当たり前で、エミリーがいない時はどうしていたのかしらと思うほどだそうです。すっかり家族の中に溶け込んで、優しい皆さんに大切に大切に可愛がってもらっているエミリーちゃんです四葉本当に嬉しいです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先日、カレンの出身CATNAPのオフ会に参加しました。
いつもママちゃんの周りにいるカレちゃんです。(ansakuさんに頂いた写真)
ママちゃんを見上げているカレン
OFFKAIKAREN1.jpg

小梅さんとスピカちゃんと話していたら、お膝に入って動かないカレちゃん
offkai1.jpg

ansakuさん家の空ちゃん。保護されたときは健康状態があまりよくありませんでしたが、
今ではこーんなに元気になりました!小さいけどしっかりとした性格の空ちゃんです。
COOCHANDAYO.jpg


ナナママさん預かりのシーズーのミルキーちゃんとカレン
ナナママさんのケアのお蔭で皮膚の状態もこんなによくなりました。
milkychankarenD.jpg

小梅さん預かりのシーズーのスピカちゃん
預かりママちゃん命の可愛い女の子。小梅さんのケアのお蔭でスピちゃんもこんなに皮膚の状態がよくなりました。
SPICHAN.jpg

ビーグルのハルくん。とっても控えめにみんなのことを見ていました。
HARUKUNDAYO1.jpg

ちゃむママさんにバッチ・フラワー・レメディのレクチャーを受けていたら...
(空ちゃんの真剣なお顔にも注目)
RE.jpg

ハルくんも輪の中に〜! 
HARUKUNDAYO2.jpg


みんなが心穏やかに健やかに暮らせますように〜〜〜。

お寿司屋さんで短冊を用意してくださっていたので、一枚書いて笹に結んで参りました。

笹の葉さ〜らさら〜。
ニックネーム うーちゃんママ at 11:09| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

致死処分方法の改善を求める署名

日本では年に44万匹の犬ねこが、私達の払った税金で「致死処分」されています。

トワイライト.jpg


「致死処分」とひと言で言うのは簡単ですが、一度奪った命はもう二度と戻ってくることはありません。その罪のない瞳に私達が映ることはもうありません。

行政と市民が致死処分をゼロにするために様々な取組みをする一方で、その夢が実現するまでの間に処分されていく子たちの福祉を考える義務が私達にはあると思います。

たとえ最終的に致死処分をしなくてはならない子であっても、
「恐怖と苦痛」を取り除いてあげる努力を私達はしなくてはならない。私はそう思います。それが私達に残された最後の人間らしさだと、私は思います。

現在、行政による日本の伴侶動物の致死処分方法の主流は、二酸化炭素による窒息死です。長く苦しむ死です。

一方、欧米諸国での主流は、できる限り苦痛を除去するため、麻酔薬の静脈注射によるものです。

おなじみ西園寺ミドリさんが、Paw Chumsさんの「殺処分方法改善の署名」をお知らせくださいましたので、私も内容を確認し、賛同しましたので、署名いたしました。
chaikun.bmp
今回の署名活動を展開されているPaw Chums(4本足の仲間たち)さんのHPを拝見するとEメールによる署名と紙面での署名とがありました。Eメール署名に抵抗がある方は署名用紙をプリントアウトして署名され、署名用紙にあるボランティア団体に郵送される方法もありますね。

今回は東京都知事宛ての署名ですが、東京が変われば、他の道府県にも波及すると思います。全国から東京に声が届きますように〜。

センターに収容された時のこの子たちは苦労の末の疲れ果てた姿。
『老犬』と思われていた子も、家族として暮らしているうちにみるみる元気な姿になっていくケースを多く目にします。
我が家の子たちも例外ではありません…。

ヒューストン 左が2002年、右が2006年 
houston2002.jpghouston06.jpg

ピカ 左が2000年 右が2006年
pika99.jpgpika06.jpg

カレン 左が2005年 右が2006年
karen05.jpgkaren06.jpg

さっちゃん 左が2005年 右が2006年
sacchan05.jpgsacchan06.jpg

一匹でも多くの子に幸せな家庭犬猫として生きるチャンスが与えられますように…。

そして、救いきれない44万の命。せめて恐怖と苦痛を取り除いてあげてほしいと思います…。

kotorisannokoe.jpg
ニックネーム うーちゃんママ at 14:27| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする