2006年02月28日

春♪

春ですね
ほらっ
haru.jpg

家の前をスキップするピカ
pikaashiru.jpg


向かう先は
pikamatsu.jpg


車に乗ると自分のお気に入りの場所に行けるから。お口元が笑っている…顔(笑)


「てやんでぇだなぁ。僕にゃんはおいらのかみさんと並ぶなよ」
boku&karen.jpg


「おいらのかみさんだぜぇ」(byヒュ〜ストン)
hyu&karen.jpg


「あたしは、さっちゃんと寝よぉっと」(byカレン)
karen&sacchan.jpg


「てやんでぇだなぁ。仕方ねぇ。僕にゃんと寝るか」(byヒュ〜)
hyu&boku.jpg


先日、クリンママとお電話でお話していたときに「QRコード」のことを教わりましたるんるん それまで「何?この気持ち悪い柄。こんな柄いらなーい」と思っていた私。なるほど、そういうものだったのですね顔(ペロッ) 

それから皆さんの素敵なバナーを貼ろうとしてこちゃこちゃいじくっていたら、いきなりページトップに現れて「なんなんですか〜顔(汗)」状態。折角の皆さんの可愛いバナーが貼れなくて(涙)

こんな暢気なママちゃんのお家にも春が忘れずにやってきてくれますかわいいかわいいかわいい

今日は春色のケーキでも買いましょうるんるん パパちゃん喜ぶかな?

ニックネーム うーちゃんママ at 13:39| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

進歩〜!

顔(ペロッ)下記のJKC(ジャパン・ケンネル・クラブ)のHPに嬉しいニュースがUpされていました〜。
「本年4月より、股関節の評価結果を血統証明書に記載することになりました」 
と。 http://www.jkc.or.jp/hd/index.html

これは、これから生まれてくる子犬たちに起こる遺伝性疾患を確実に減少させるための取り組みとしてとっても大きな進歩だと思います顔(笑)

そして、このように、"評価結果"をきちんと血統証明書に記載するような「責任ある本物のブリーダー」だけが生き残るようになって欲しいなと願っています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

どうか、パピーミル(子犬工場)・悪徳ブリーダー・バックヤードブリーダーは日本から無くなりますように…。

ちょうど養鶏場のブロイラーのように生涯、狭いケージに閉じ込められて、人間の愛情を知ることもなく、交配と出産だけを繰り返させられる日々。そうして骨の髄まで吸い取られて、繁殖の用を足せなくなったらはいお仕舞いと放棄される子たちがこの日本にはどれほどたくさんいることでしょう…。

(昨年1月に天国に旅立った我が家のポメラニアン・マリもそんな境遇からレスキューされた子でした。マリだけでなく、我が家で一時預かりした子の中の2匹の子もブリーダー放棄犬と思われました。抱っこしてもらいたいのに抱っこのされ方が分からなかった。お外が怖くて歩けなかった。言葉が分からなかった…。でも、少しずつ慣れて行って、みんな普通に生活できるようになりました)

私たちが注意しなければいけないのは、どんなところから子犬を仕入れていようとも、ペットショップは決して「この子はパピーミル(子犬工場・悪徳ブリーダー)から来ました」とは言わないということです。
自分の目で子犬の両親の置かれた境遇を確認できないという「システム」が悲劇を包み隠しているのですね…顔(泣)

「いい子ですよ」と血統書をつけて、お金さえ払えば誰にでも売っている今のシステムの犠牲者は…
ご存知の通り、安易に買われて安易に捨てられている子たち顔(泣)
そして、繁殖犬たちなのですね顔(泣)

どうしても純血種の子犬を迎えたいときは、その子の両親の境遇を目で確かめさせてくれるところを選択することが大切なのだなぁ…とつくづく思いました…。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
喫茶店さて、お友達のお店「なべはまり」さんにて撮った可愛いお写真をペッタンるんるん 
心和むすてきなお店です〜るんるん
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/nabehamari/
みんな一緒@なべはまりさん11.jpg
左から聖夜くん、ちまちゃん、やくも君、うべちゃん、カレン。

聖夜君はちょうどこの日、里親さんと一緒にお店に遊びに来られていたところでした。聖夜君の里親さんはアロマテラピーの先生をしていらっしゃるので、聖夜君を抱いて被毛に顔をうずめると、ほんのりいい香りがします。優しい里親さんと心穏やかに暮らしている聖夜君の瞳はキラキラ〜ぴかぴか(新しい) http://tampopo2.exblog.jp/
なべはまりさん家の先住犬のちまちゃんはとっても心優しい物静かな女の子。 家族の一員となった保護犬うべちゃんとやくも君の優しいお姉さんです。
里親となった私たちにとってこの子たちは愛しい大切な家族ですぴかぴか(新しい)

なべはまりさんでの楽しいひと時に後ろ髪をひかれながらお店を後にしました。
その後、「4月の啓蒙活動四葉」の会場を下見に行ってダッシュ(走り出すさま)、帰路に着きました。

今日は駅までパパちゃんとピカちゃんがお迎えにきてくれましたるんるん
可愛いお迎えです〜顔(笑)
pikaatami.jpg
ニックネーム うーちゃんママ at 21:23| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

〜ぬくもりのある犬との暮らしを考える〜

以前にお知らせいたしました「犬との暮らし」をテーマにしたセミナー(行政主催なので無料)がいよいよ今週末になりました♪

●日時:平成18年2月26日(日) 午後2時〜4時
●場所:都筑区役所 6F大会議室

講師は、私がとても信頼している友人で、私たちと同様、どうぶつたちの幸せを心から祈っているとっても素敵な方です♪猫(笑)

顔(ペロッ)行政が主催する「啓蒙活動」として、素晴らしい取り組みだと思います。
こう言っては何ですが...お役所の堅苦しいお話ではなくて、こういった本当に動物たちの幸せのために活躍されている方を起用して下さったことは画期的なことだと思います。本音で話してくださると思います♪

既に犬と一緒に暮らしている方だけではなくて、「これから新しく犬を家族に迎えよう」と思っている方にもお勧めのセミナー♪

犬(笑)行政に新しい風を吹き込む意味でも、こういったセミナーに多くの市民が参加してくださるようになれば...と思い、盛会を祈っているところです。

私も聞きに行く予定です。 お近くにお住まいの方がいらっしゃいましたら、是非、教えて差し上げてくださいませ。

詳細は、Living with dogのHPに掲載されています。
http://living-with-dogs.com/modules/xfsection/article.php?articleid=808

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
私の箱入り息子・僕にゃんの毎朝の日課。 ブリタで浄水したのよりも蛇口から出たてのこのカルキ臭いお水が好みのようです。
bokunyan.jpg

誰とでも仲良しさんのピカと僕にゃん♪ 
pika&bokunyan.jpg

足の裏の毛をカットしてもらっているさっちゃん♪
sacchanashi.jpg
ニックネーム うーちゃんママ at 17:27| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

ホームセンターに行ったその時に〜

動物を無差別に捕らえ、ひどい苦痛を与える「とらばさみ」などの猟具。猫や犬などの小動物も犠牲になっています。
四肢がちャれたり、本当に本当に非人道的なワナです。

ひらめきEU加盟国では、10年以上前に全面禁止となっているものです。

顔(汗)それが、実は日本では、ホームセンターの店頭で野放しに売られていることがあるのです。

このほど、環境省は、わな等による違法捕獲の防止を呼びかけるチラシを作成し、これらを販売している販売店で掲示又は配布してもらうよう、社団法人日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会長に対し協力依頼をされました。(下記、環境省HPにUpされています)
http://www.env.go.jp/nature/yasei/hunt_gear/index.html

顔(チラッ)私たちにできること:
@自分の住む街のホームセンターをチェックしてみる。
このようなワナが近くのホームセンターで売られていないか見てみましょう。
もしも、売られていて、しかも下記の環境省通達のチラシが掲示されていない場合は、注意を促すためにお店にこのチラシを渡しましょう。
http://www.env.go.jp/nature/yasei/hunt_gear/tirasi.pdf
自分の住む街を残虐さのない社会にしていけるといいなと思います。

A「こんな"非人道的"な猟具は廃止してほしい! EU加盟国は既に全面禁止しています!」という声を環境省と国会に届けましょう。
来る3月には、鳥獣保護法の改正が国会にかかります。
EU加盟国など既に廃止した国に日本も続くよう、声を届けましょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ふぅ…ちょっといっぷく喫茶店
ママちゃんがカレンをトリミング♪
「どぉ?」
karenafterhairclip.jpg
ニックネーム うーちゃんママ at 18:24| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

"SOSカード♪

下記、「動物の幸せを結ぶ会」から緊急サポートのお願いがUpされています。ご協力よろしくおねがいいたします。
一人暮らしの男性多数の犬を置いて入院 
世話を受けられなくなった犬は悲惨
http://www.satooya-tsuushin.net/top/top_rink.html

誰しも明日の自分の運命を知る由もありませんが...
知る由もないから...
万一、私たち夫婦に何かが起きた時にこの子たちの身の安全を守ってあげられるように、
もう二度とみなしごにならないように、
もう二度と怖い思いをしないように、
私は姉に後見人となってもらえるようお願いしてあります。
そして、「SOSカード」なるものを車のダッシュボード・家の電話の横・財布の中に、用意してあります。 
信頼できるご近所のお友達にも渡してあります。

「SOSカード」と私たちが呼んでいるものとは...

『私たちに万が一のことがあった場合、
この子たちのことを○○さんに託してあります。
至急、○○さんに連絡してください。
○○さんの連絡先は△△△△-△△-△△△△です。
念のため、夫の両親の連絡先は△△△△-△△-△△△△、私の両親の連絡先は△△△-△△△-△△△△です』
と書いたカードです。

この子たちが天寿をまっとうする日までこの笑顔を守ってあげたいと思います♪
pika.jpg
走る〜走る〜笑顔のピカ
sacchan.jpg
まったり甘えっ子しているさっちゃん

ちなみに、姉のうちに何かがあったときには我が家が後見人となります。
相互扶助のシステムなので、"Buddy System"と呼ばれることもあるみたいです♪



ニックネーム うーちゃんママ at 20:02| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

歌おうよ♪

hou1.jpg
「パパちゃん、歌うんだろ? 歌うんだろ?」
(ゾクゾクしている気持ちがシッポに…)


hou2.jpg
音楽スタート
「あうあうあうあーーー」

ニックネーム うーちゃんママ at 16:22| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする